ピラティスで簡単ダイエット

ドイツに生まれアメリカに渡ったピラティス氏が考案した、真の健康を目ざす「ピラティス」は、健康的にダイエットができるんです。

サイトトップ > 基本のエクササイズをまず理解すること

スポンサードリンク

ピラティスで簡単ダイエット

基本のエクササイズをまず理解すること


ピラティス氏が発表してからすでに半世紀以上たち、欧米で支持が高い「ピラティス」は、正しい呼吸法をもっとも重要な基本とします。新鮮な空気が血液とともに循環すれば、筋肉も志向も活性化するからです。


背骨が曲がっていると肺や内臓を圧迫して呼吸が浅くなり、さまざまな病気も誘発しかねません。ベースとなる呼吸法は、
1:足の裏の3点(かかとのまん中・小指と薬指のつけ根の間・親指のつけ根)を、しっかりと床につけて立つ。
2:{くるぶし・ひざのすぐ上の内側・内もものつけ根部分}の間にマグネットがあると想像して、両足をしっかりと寄せる(立ったときにひざを後ろに押すクセのあるひとは、ひざを少し曲げているように感じるかもしれません)。
3:さらに両足の大転子(だいてんし=大腿骨の外側の出っぱり)、恥骨、尾骨をそれぞれボルトのように見たてて、左右、前後から押し合い、腰まわりを水平にする。
4:恥骨と尾骨をバランスよく押しあうと、下腹とお尻、内ももに力が入り、骨盤が正しい位置になるように胴体の筋肉がつかわれ“筋力のガードル”がつくられる。このステップまででベースづくりが完了。骨盤が正しい位置になることで、曲がっていた背骨もまっすぐに伸びます。


ピラティスで簡単ダイエット

MENU



スポンサードリンク